talosのプログラミング教室

JavaServer FacesでWebアプリ開発 ~環境構築編~

スポンサーリンク

f:id:talosta:20200505143241p:plain


最近、JSF(JavaServer Faces)をやっているのですが、参考になるWebサイトが少ないので書いていこうと思います。

今回は環境構築をしていきます。

7-Zipをインストール

https://sevenzip.osdn.jp/

上記ページから自分の環境にあったものをダウンロードし、その後インストールしてください。

Eclipseをダウンロード

https://mergedoc.osdn.jp/

上記ページから「Java Full Edition」をダウンロードしてください。

Eclipseをダウンロード

ダウンロードしたら解凍するのですが、先程インストールした7-Zipを使ってください。

Zipファイルを展開

パスが長いと失敗するので展開先は「C:\」にするのが無難です。

展開先の指定

インストールが完了したらEclipseを開いてみましょう。

初めに以下のようなウィンドウがでできます。

workspaceの設定

デフォルトでは「../workspace」となっていますが、展開先が「C:\」の場合はこれだとまずいので、適当な場所に設定してください。

MySQLインストールの準備

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2977003/the-latest-supported-visual-c-downloads

上記ページからMicrosoft Visual C++ 2019 Redistributable Packageをダウンロードします。

Microsoft Visual C++ 2019 Redistributable Packageのダウンロード

ダウンロードしたら実行してインストールしてください。

MySQLのインストール

https://dev.mysql.com/downloads/windows/installer/8.0.html

上記ページからインストーラをダウンロードします。

MySQLインストーラのダウンロード

ダウンロードできたら実行しましょう。

最初にこのウィンドウが出るのでデフォルトのままNextを押します。

MySQLのインストール1

次にこのウィンドウが出るのでNextを押します。

MySQLのインストール2

ダイアログが出るのでYesを押します。

MySQLのインストール3

このウィンドウが出るのでExecuteを押します。

MySQLのインストール4

以降初期設定が始まりますが、基本的にはデフォルトで大丈夫なのでNextを押し続けます。

ここまできたらパスワードを設定します。

MySQLの初期設定1

パスワードを打ち込んだらまたNextを押し続けます。

MySQLの初期設定2

このウィンドウに到達したらExecuteを押しましょう。

終わったらFinishを押し、その後Nextを押し続けます。

このウィンドウが出たら、先程設定したパスワードを入力し、Check→Nextを押します。

MySQLの接続1

次のウィンドウでExecuteを押し、終わったらFinishを押します。

MySQLの接続2

その後のウィンドウではNextを押し、このウィンドウに到達したらFinishを押します。

MySQLのインストール完了

ユーザー環境変数のPathに以下をjdkのパスとMySQLのパスを追加します。

下記は例です。

C:\pleiades-2020-03-java-win-64bit-jre_20200322\pleiades\java\11\bin

C:\Program Files\MySQL\MySQL Server 8.0\bin

それぞれ、

java -version
mysql --version

でバージョンが表示されればOKです。

サーバの準備

Eclipseを開き、ヘルプ→Eclipseマーケットプレースへと進みます。

JBoss」で検索し、「JBossツール 4.15.0.Final」をインストールします。

JBossをインストール

警告が出たらインストールを選択します。

ソフトウェア更新が表示されたら、今すぐ再起動を押しましょう。

再起動したらウィンドウ→ビューの表示→その他と進み、サーバーを選択します。

サーバービューの表示

サーバービューが表示されたら、「使用可能なサーバーがありません。・・・」というところをクリックします。

サーバーの選択

ウィンドウが表示されたら「WildFly11」を選択します。

その後、次へを押し続け、以下のウィンドウが表示されたら「ダウンロードしてランタイムをインストール」を押します。

ランタイムをインストール1

WildFly 11.0.0 Finalを選択し、完了を押します。

ランタイムをインストール2

インストールが終わったら完了を押します。

おわりに

今回はJSFを使うための環境構築を行いました。