talosのプログラミング教室

はじめてのC++ ~Hello World編~

スポンサーリンク

f:id:talosta:20200324183148p:plain


今回はC++Hello Worldをやっていきます。

Hello Worldとはプログラムで「Hello World」という文字を出力することをいいます。

プログラミング初心者の初めの一歩としてよく扱われます。

早速やっていきましょう。

コンパイラの準備は終わっていることを前提としています。

プログラムを書く

適当なフォルダに「helloWorld.cpp」というファイルを作り、その中に下記のコードを書きます。

「cpp」とはC++プログラムの拡張子です。

#include <iostream>

int main() {
    std::cout << "Hello World\n";
    return 0;
}

解説の前に実行してみましょう。

まずコンパイルをします。

コマンドプロンプトなどでhelloWorld.cppを作ったフォルダに移動し、下記のコマンドを実行してください。

g++ helloWorld.cpp -o helloWorld

「g++」はC++コンパイルを行うためのコマンドです。

その後にコンパイルを行うファイル名を書きます。

「-o」オプションは出力ファイル名を指定するためのオプションです。

ここでは実行可能ファイルに「helloWorld」という名前をつけました。

次に下記のコマンドを実行します。

./helloWorld

Hello World」と出力されたら成功です。

解説

1行目の

#include <iostream>

は入出力のためのiostreamライブラリを読み込んでいます。


3行目の

int main() {

は現時点では決まり事と思ってもらえれば大丈夫です。

そして3行目の「{」は5行目の「}」に対応しています。


4行目の

std::cout << "Hello World\n";

にはたくさんの要素が入っています。

先頭から順番に見ていきましょう。

「std::cout <<」は標準出力するための道具です。

その後に書いてあるものを出力します。

「"Hello World\n"」は文字列です。

文字列はダブルクォーテーション「”」で囲みます。

「\n」は改行文字です。

これを付けると改行してくれます。

最後にセミコロン「;」を付けます。

基本的にブロック「{ }」以外には「;」を付けると考えてもらえば大丈夫です。


5行目の

return 0;

戻り値です。

おわりに

今回はC++Hello Worldを行いました。

「" "」の中を変えてみたりして練習してみてください。

次回は代入と計算を行います。